Booker T Jones
Road To Memphis

2011年のブッカーTのサウンドは、70年代の音そのもの。サウンドを蘇らせたエンジニアは、Sharon Jones & Dapp Kingsなどを手がけてきたブルックリンのDAPTONEスタジオからゲイブ・ロス。
クエストラブやカーク・ダグラス、オーウェン・ヒドルのルーツのリズムセクションをバックに、ハモンドオルガン・サウンドを奏でるブッカーT、こちらも最近ソロを発表したデニス・コフィのギターまで加わる。。。。11曲目にルー・リードが参加って?

1. Walking Papers
2. Crazy
3. Progress (feat. Yim Yames)
4. The Hive
5. Down in Memphis
6. Everything Is Everything
7. Rent Party
8. Representing Memphis (feat. Matt Berninger and Sharon Jones)
9. The Vamp
10. Harlem House
11. The Bronx (feat. Lou Reed)

SONY MUSIC JAPAN

http://www.bookert.com/

ANTI-records

Booker T. Jones – Representing Memphis (feat. Matt Berninger and Sharon Jones)

Booker T. Jones – Everything Is Everything

広告