先日「ソウル・パワー」試写会に行ってきました。

当時、ドン・キングがプロモーターとしてうまいことやった最初の大イベントZAIRE ’74

アフリカの独立国家ザイール政府の援助を引き出してアリvaフォアマンのタイトルマッチをキンシャサで開催、それに合わせてアフリカ系のミュージシャンとアフリカのミュージシャンが一堂に会する音楽イベントも計画するも、
フォアマンの負傷のためタイトルマッチは延期、
音楽フェスのほうだけ先行で開催された。

元々映画化が計画されていて、撮影は行われたが、その後お蔵入りになったものが再度 音楽映画として編集されて公開されることになったもの。

あっという間に終わってしまって物足りない。

映画として93分に編集されているのがもったいない。

ノーカットで撮影された映像全てを、特に各アーティストのステージはフルで観たい。

それでも当時の生の記録として最高の音楽映画。FUNKY.

ファニア・オールスターズとか、セリア・クルーズのラテン系アーティスト

やアフリカのバンドまで参加してたのは新たな発見でした。

アリ vs フォアマンのタイトルマッチのほうをメインにした映画

When We Were Kings もあわせてみることをお勧めします。

邦題は『かけがえのない日々』だったか。

『ランブル・イン・ザ・ジャングル』と称されるこのタイトルマッチについて、ジョー小泉氏の解説を参照すると

ランブル・イン・ザ・ジャングル
これは「ジャングルにおける闘い」の意味で、ザイールのキンシャサで行われたアリ、フォアマン戦を指す。このとき、アリは予想では圧倒的劣勢で、豪腕フォアマンに粉砕される、という声が強かった。

アリは「ロープ・ア・ドープ」と名づけた戦法でフォアマンを消耗させて反撃する作戦に成功した。フォアマンがペースを忘れ倒しにかかり体力を消耗したため、あのような奇跡的番狂わせが起こった。本当に紙一重で勝ったような激戦だった。

広告