Good die young……. Roc Raida RIP

95~96年頃。昔のFAT BEATS店内でのRoc Raida on the1&2s

NYヒップホップのハードコアなアティチュードをターンテーブルで表現してみせ、

NYのシーンに「ターンテーブリスト」というアートフォームを確立させた原動力。

それまで、ラッパーに比べてDJの地位はまだ驚くほど低かった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中