PAUL C Lives Part.2

paulclives2

日本で言うところの「ミドル・スクール」と呼ぶ80年代後期のビートのほとんどが Paul C の手によって生み出された。

彼はスタジオ・エンジニアとしてクレジットされていることが多いが、サンプリングの手法によるビートプロダクションのサウンドを定義しただけでなく、プロダクションでは機材を操作し、サンプルに使うレコードも自ら掘り出して惜しまずアーティストに提供し、プロデュースもこなした。

少年時代のラージ・プロフェッサーにビート・プロダクションの手ほどきをしたのも彼だ。

しかし90年代のヒップホップの興隆を見ることなく若くして死んでしまう。

Download

Tracklisting:

01. Intro
02. M.C. Outloud- I’ll Put A Hurten’
03. Phase & Rhythm- Hyperactive
04. Eric B & Rakim – Let the Rhythm Hit ‘Em
05. Ultramagnetic MC’s- A Chorus Line f. Tim Dog
06. M.C. Tatiana- Mission To Rock
07. G. Dane – Coolest Of The Cool
08. Phase & Rhythm- Brainfood
09. Sport G & Mastermind- live
10. Marauder & The Fury- Get Loose Mother Goose
11. Two Shades Of Black- Surrender
12. Super Lover Cee & Casanova Rud-Do The James
13. Main Source- Think
14. Queen Latifah & The 45 King- A King And Queen Creation
15. Stezo- Girl Trouble
16. Disco Twins & Star Child- There It Is
17. Grand Master Caz- Casanova’s Rap
18. The Rangers- Jacks On Crack
19. Double Dose- Envious
20. Interlude
21. The Heartbeat Brothers- Bring In The Bassline
22. Mic Profesah- Cry For Freedom
23. Double Delight & DJ Slice Nice- Party Jump
24. Rappers On A Mission- S.O.L.O.
25. Princess Ivori- CrackPipe (changed it all)
26. Ultimate Choice- You Can’t Front (We Will Rock you)
27. Live N Effect Posse- I’m Getting Physical
28. Outro

from   unkut.com

Mixtape: Paul C. Lives, Vol. 2

Mixtape: Paul C. Lives, Vol. 1

広告

PAUL C Lives Part.2” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中