MC Breedが死亡

The Dtroit News-detnews.comより

Influential Flint rapper MC Breed, who was one of the first Midwest rappers to emerge onto the national hip-hop scene, has died, his manager has confirmed to The Detroit News. Breed was 36.

Breed, who scored a hit with his 1991 lo-fi classic “Ain’t No Future in Yo’ Frontin'” and later collaborated with a young Tupac Shakur, was found dead on Saturday at a friend’s home in Ypsilanti, according to Darryl Morris, Breed’s manager. No further details were available as of press time.

ミシガン州フリント出身のラッパー、MCブリードが22日土曜日に友人宅で死亡。

近年は肝障害に苦しみ入退院を繰り返していて、九月にも昏睡状態から回復したばかりだった。

ご冥福を祈ります。

MC Breed – Gotta Get Mine (feat. 2Pac)

広告
カテゴリー: 1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中