Sweet Sweetback’s Baadasssss Song 予告

1970年公開の低予算の自主制作映画『スウィート・スウィートバックス・バッドアス・ソング』(“Sweet Sweetbacks Baadasssss Song”メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ監督 http://www.kingrecords.co.jp/visualpack/youga/sweet_sweetbacks/index.html ) の草の根的なインディペンデント興行の成功から始まった一連の”Blaxploitation Movie”(ブラックスプロイテーション・ムービー。ブラックスプロイテーションとはブラック(黒人)とエクスプロイテーション(搾取)の合体した造 語。黒人搾取映画という感じ?)と呼ばれる、 ハリウッドが黒人観衆を動員することを狙って製作された破天荒な黒人主人公の活躍する映画は、映画作品とし ての評価は低いものの、それらの映画が表現しているものは文化的に重要である。

『スーパーフライ』、『シャフト(邦題:黒いジャガー)』などがその代表格であるが、どのブラックスプロイテーション映画もストーリーは似たり寄ったりで ある。 かつては活気にあふれていたアメリカの黒人街が麻薬中毒と犯罪の蔓延で錆びれて荒廃してしまっていて、様々な人種の犯罪組織や腐敗した警察、権力機構に支 配されている。そこに主人公である黒人の向こう見ずで型破りなならず者(”Bad Ass””と呼ばれるようなタフガイ)のヒーローが立ち向かい、相手を懲らしめ、やっつけてしまうか、まんまと逃げ遂せるかして生き残るというパターンの 物語である。

このならず者のヒーローのお決まりの物語は、70年代の一連のブラックスプロイテーション映画で繰り返し描かれたただけではなく、その原型は絶えず黒人の 間で語り継がれてきた「バッド・ニガー説話(Bad Nigger Forklore)」にあり、その起源は奴隷制の時代まで遡る。黒人文化の特色に高度な口承(文字に頼らず、口伝が主な記録の手段である)文化があるのは 第2章でも触れたが、バッド・ニガー説話は トゥスト(toast)と呼ばれる、全て韻を踏んだ文で構成された独特な形式の物語の定番として強制労働の最 中や、刑務所の中、あるいは街角でのたむろの退屈しのぎの娯楽として語り継がれてきた。それが様々な形に転化し、ついには映画の題材として取り上げられス クリーンを飾ることになったのだ。

バッド・ニガー説話についてロック評論家のグリール・マーカスは次のように説明している。

「その話の無数の版のイメージの中にある原型は、偶発的な暴力と暴力的なセックス、欲望と憎悪、習熟と塾 達、優雅で贅沢な生活といった空想を物語っている。もっと深いレベルでは、それは、日々を入り組んだ限界の中で暮らしていて、自分達自身の間でしかその限 界を超えることのできない人たちにとっての無制限な空想である。それは、誰もがなってみたいあの強靭で活発な人物を描写したものであると同時に、ありきた りの、無意味で見掛けだおしの死の舞踏である。」
(グリール・マーカス 『ミステリー・トレイン』 三井徹訳  89年 第三文明社)

続きは  minority-net で。

広告