腑に落ちる話

 何か、腑に落ちる、というのはこういうことを言うのではないかと、この文章を読んで感じたので。
 こういう話を必要としてる人は結構いるんじゃないかと 。
48 :闇の声:2008/02/23(土) 08:44:18 ID:lJ4m2xWA
今、日本文化は大変な危機的状況にある
何故そうなのかと言えば、文化そのものに価値を見いだせない人が急増しているからだ
柱に相合い傘を彫るくらいならまだかわいいのだが、おそらく・・・これは
予言して置くけれども、これからの五年間の間に国宝を色々焼失するだろう
知性無く、知識無く理性無く、ただ燃やしてみたい・・・そう言う人はかなり増えている
ただ、誰かがやらないだけだ・・・やれば反応、つまり世の中がどのくらい騒ぐかが
判るから自分も、になる
国として、知性がどのくらいの価値があるか・・・政治家自体が何も考えていない
教育機関はもっと酷い
知性を重要視すれば、当然得る知識も広くなり人間観も備わってくる
しかし、今の政治家に人間観を語れるのがいるか・・・おそらくいないだろう
経営者に至ってはもっと酷い
居酒屋が良い例で、自分は教育者だと言いながら学校チェーンと福祉関係のケイタリングビジネス
利権を政治家と連んで漁っている
知性のない人物が上に立つことの恐さ・・・それは知性を備えていれば判ることだと
硯学の人は言う
しかし、今その様な人物の言葉に耳を傾ける事はまずあり得ない
権力者にとって知性とはもっとも恐るべき鏡なのだ・・・自分の愚かしい
姿がそこに映ってしまう
決定的になったのは、森という稀代の愚物が首相になってからなのだ
何度も森のことは書いてきたが、聞けば聞くほど森内閣を誕生させず
一旦自民党内閣が倒れてしまえば良かったと、そう思い始めている
49 :闇の声:2008/02/23(土) 08:57:58 ID:lJ4m2xWA
そもそも・・・森内閣誕生が未だに不透明なままだ
自分が聞いているのでは、森は組織が集めてきたあるスキャンダルを小渕首相に
突きつけて(小渕自身のスキャンダルではなく、小渕派のスキャンダルらしい)
退陣を迫った
小渕首相はそれで求心力を失い、さらに倒れてしまう
森はなおも病室まで追いかけていき、小渕氏が息を引き取ったその席で
首相をよこせと迫り、その場に居合わせた連中に承諾を取り付ける
森のバックや知能を知っていれば、首相なんかとんでもないと言うのが本音なのだが
事ここに至ってはもはや呑むしかなかった
その結果、何が起きたかと言えば森派に対抗する為の利権漁りが物凄くなり
小渕派内部でも久間の様に森に接近し清和会の別働隊になってしまうのまで現れた
この一連の出来事は、言い換えれば政治の知性が暴力と愚昧に敗れた出来事なのだ
ただの面倒見の良さと馬鹿にされても平気な図々しさで世渡りしてきた森が、その間に
国士系の組織や自衛隊OBと連んで貯めてきたパワーを爆発させたと言えば聞こえは
良いが、知性無き首相の出現で自民党はメディア戦略に本格的に乗り出さざるを得なくなる
50 :闇の声:2008/02/23(土) 09:08:45 ID:lJ4m2xWA
さらに付け加えれば、電通や博報堂が闇勢力と本格的に手を結び、全ての価値観を
塗り替える作業に着手した瞬間とも言えるだろう
そのくらい、森内閣の誕生と言うのはエポックなのだ
国民が知性を持ち、政治に関心を持てば自民党は壊滅し、メディアも痛手を被る
闇勢力も同じだ
宗教勢力も力を失ってくる・・・国民がアダムとイブになってしまえば、神の存在を
疑いかねない・・・神とは政治であり、メディアなのだ
その神に寄生して・・・実際は裏から操って利権を貪るのが組織と官僚・・・
国民に目を開かせるなと言う合い言葉の元に、メディアはコンテンツ戦略を練る
同時に、どっかの国営放送には裏金工作を見逃す代わりに討論番組を大幅に削り、
国民に国の現状を余り見せなくした
特にその現状が見えなくなって症状が進行したのが教育だ
学力低下が叫ばれていながら、ゆとり教育の名の下に予算執行だけを求めていった
このままでは教育は落ちるところまで落ちると言われても、知性に価値を見出させない政策は
自民党の権力保持の為にも変えられる事はなかった
結果的に世紀の愚物・森喜郎は権力の座に居座り続けた
その間にさらに、広告代理店と闇勢力は力を蓄え官僚との癒着を深めていく
51 :闇の声:2008/02/23(土) 09:22:27 ID:lJ4m2xWA
小泉改革はその権力構造を、金の力でさらに堅固にするのだが
その結果宗教勢力とメディア、組織と広告代理店などは特権階級化する
特にメディアは官僚等からのインサイダー情報を元に、組織が用意する金で
着々と儲けていく
つまり、どす黒い金の縛りが=権力構造なのだ
なぜ、知性を持つ事が大事なのか・・・
言うまでもなく、官製既製の情報に疑念を持つためだ
そのくらい今、日本という国の現状が見えていない
どのくらい危機なのかと言う事も見えていない
知らず知らず知性無き状態で世論が構築されて、それに乗ってしまう
軽薄な政治家の多さに驚く
乗り手も担ぎ手も知性は全くない
あれば担がないし、第一乗る前にもっとよく調査するだろう
その能力のない以上、国は衰退しさらに文化は廃れ、知性は軽んじられてしまう
その恐さに早く気が付いて欲しいと思うこのごろだ
広告
カテゴリー: 1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中