B-side Wins Again R&Bの時代

top_b-side01.gif

第3章 スタイルの変遷

第2節 R & Bの時代

1940年代、第2次世界大戦の影響から黒人のアメリカ社会への進出はそれまで以上の規模で進んだ。
より多くの黒人が軍隊への招集に応じ、初の黒人将校も誕生、民間では軍需産業が黒人に多くの職を与え、黒人の都市への移動をさらに促進した。黒人が白人と 同じように活躍できるのだということを証明し、これを黒人自身が確信したことで、人種統合という事への可能性を見出したのがこの時代であった。
しかし、そのような理想を求めれば求めるほど人種差別の壁に突き当たる、という現実の社会に対する怒りは増大し、社会的・経済的平等を求める声が日増しに強まっていった。

また、戦争は音楽産業にも大きな変化をもたらした。戦争による経済の緊縮で、レコードの制作が制限され、音響機器の製造も停止された。音楽家組合も、アー ティストの録音を1942年から2年間に渡り禁止してしまう。それにもかかわらず戦争の苦しみの中で人々は娯楽を求め、音楽産業のマーケットは1941年 から1945年の間に4倍近くまで成長した。 ラジオのレコード売り上げに与える影響はさらに大きくなり、ラジオでの演奏の仕事を失った事で、ビッグバンドの時代は終わりを告げ、フランク・シナトラな どのボーカルものや新しく台頭して来た”R&B”にとって変わられる事になる。

レイス・レコードが大恐慌時代の不況下で廃れて以来、レコード化される黒人音楽といえば白人に受け入れられるようなソフトな白人リスナー向けのものばかりで、黒人の間で発展しつつあった“R&B(リズム&ブルース)”は放置されたままであった。

そのことがR&Bをジャズのように白人向けに漂白されることから逃れさせ、よりブルースの伝統色の強い黒人音楽になることを助ける結果となった。R&Bは 白人の音楽マーケットで流行する音楽とは異なる黒人だけの音楽として、以前ブルースが果たしていたのと同様の役割を黒人社会で果たすことになるのである。

***続きは Minority-netで***

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中